任意整理に必要な資格がありませんので、年金受給者が手続きをして借金の減額をしてもらうことは可能です。年齢を重ねてからの住み替えをするのは難しいため、住宅ローンが対象外となる任意整理を選択する人はたくさんいます。そこで心配になってくるのが任意整理しても継続して年金を受け取ることは可能なのかどうかです。高齢者はアルバイトといえども新しく仕事をすることは難しく、年金と貯金だけで生活しなければいけないという人は少なくありません。中には貯金もほとんどない人もいますし、債務整理を考えている人ならなおさらその傾向が強くなります。差し押さえられたら生活ができず困る人はたくさんいます。
このことについては心配する必要がありません。年金は差し押さえができないもので、法律で決まっています。国民の老後を支えるための重要な収入ですので、返済がどれだけ遅延しようと、税金を滞納していても受け取ることができなくなることはありません。自己破産をしても影響はありません。もしも任意整理をしたら、少ない給付額の中から返済を続けていかなければならないのは当然のことですが、法律で決められている以上生活費をすべて取り上げられることはありませんので安心してください。
債務整理をしても最低限の生活に必要な収入は確保できますので、心配せずに冷静になって専門家へ相談するようにしましょう。任意整理費用などを整理をすることで生活費に回せるお金が増えるはずです。